Owner´s voice お客様の声

JELLY BELLY ジェリーベリー オーナー 杉本英二 Eiji Sugimoto

見た目はまるでカフェにような建物。
ここはオーナーの「自由」というテーマをそのまま表現した美容室・・・
「JELLY BELLY」は、そんなオーナーの「想い」とDUCEの「想い」をもとに創られている。入り口横に配置されたカウンターでは、来店客がコーヒーを飲みながらゆっくりとした時間を過ごすことができ、首に負担のかからないシャンプー台を使用するなどオーナーのこだわりや想いが詰まった店舗である。ここではジャズやクラシックなどライブイベントも行っており、来店客にとっても大事な空間になっている。

DUCEとの出会い Meeting DUCE

もともとは、こじんまりとした店舗で美容室をやっていたんですが、どうせやるんだったらとことん「こだわった」店舗にしたいと思っていました。普通の美容室って白を基調とした明るいイメージがあるじゃないですか。でも、僕がイメージしていたのはそれにとらわれないでもっと「自由でお洒落なお店。」それこそアパレルやカフェをしているような今までの美容室のセオリーをくつがえすような空間を求めていました。知り合いのアパレル関係のお店がすごくカッコよくて「どこでやったの?」って聞いたのがDUCEさんを知った最初のきっかけでした。それから知り合いを通して連絡を取り合うようになったんです。

ワケ DUCEに決めた理由 Reason decided to DUCE

DUCEさんに決めた理由は、僕の頭の中のイメージをすぐに理解してくれたからですね。もともとやっていた前のお店は工務店にお願いしたんですけど、僕のイメージは工務店の方には全然伝わらなくて苦労しました。何度も何度も打ち合わせを繰り返し、それでも伝わらなくて自分たちで壁を塗ったりして僕のイメージに近づけようとしていました。DUCEさんは僕の「抽象的なイメージ」や「好きなもの」をすぐにわかってくれました。そして何度か打ち合わせを繰り返すうちにDUCEさんに「妥協」という文字はなく、本当に「こだわった」提案をしていただけました。その時、この人だったら大丈夫って思ったんです。それからは僕が口をはさむ余地がないぐらいのアイデアを出していただき、何も言わなくても僕のイメージが出来上がる感じでした。

店舗の仕上がり Finish of store

最初の提案の段階でいただいた手書きのパースを見たとき、素直に僕のイメージ通りだと思いました。こんな感じで出来上がるといいなって思っていたんですが、実際に出来上がったお店を見ると、あの手書きの絵がそのまんま実物になったことにびっくりしましたね。ホントに言うことがない感じでした。出来上がった店舗を見て「ココで根を張って行こう」って覚悟もできました。今では僕にとって「仕事の空間」でもあり「遊びの空間」でもある、とっても大事にしている場所です。使えば使うほど味がでる家具の数々。カットやシャンプー台の椅子にいたっては新品なのに張り替える作業までしていただきすごく気に入っています。

オープン後 After it opens

僕は意外と真面目な部分があり、遊ぶことに関して不器用でした。でも今ではお店を利用してライブイベントなどを行い楽しんでいます。この空間だと「ON」と「OFF」が切り替えれるんです。そして驚いたのが滋賀県から同業者の方が「ホームページを見た」って来てくれたんですよ。県外の方が来てくれるようないいお店を造っていただきDUCEさんには本当に感謝しています。DUCEさんが仕事に対して妥協しないことが僕にとっても良い刺激になりました。あとは自分が頑張って、もっといい美容室にしていきたいと思います。

Click!! Owner's Shop 店舗紹介はこちら

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得